2010年01月03日

2009年の紅白が面白かった件

 2010年、あけましておめでとうございます。
 2009年に始めたこのブログを、本年も読んでくださっている皆様、本当にどうもありがとうございます。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 年明け初のブログともなれば、抱負やら目標やらを書くのが相応しいとは思うのですが、今日は2009年の第60回紅白歌合戦について書きたいと思います。

 今回の紅白、私は「粒ぞろいで、いいものを観せてもらった・・・」という感想だったのですが、皆さんはどう思われましたか?
 サプライズやハプニニングはほとんどなく、出場者が期待された役割をきちんとこなした結果、「プロの学芸会」に仕上がっていたように思います。

 まず、曲順 が良かった!
 私は、いつも紅白の途中で、「あんまり面白くなさそうだな」 というところを狙って中座し、お風呂に入ります。けれど、今年は、演歌やポップス、大御所、初登場の歌手が、絶妙に入り混じっていたせいで、紅白中にお風呂に入れなかったくらいです。

 また、海外ロケなど、「とにかくお金使えばいいでしょ」、というような、安直なナリキン的演出がなかった のも、好印象でした。
 むしろ、バックダンサー、コーラス部隊などの ”非芸能人” を、人海戦術のように繰り出すことで賑やかさを出し、その一方で、1点豪華・切り札的ゲストのスーザン・ボイルと矢沢永吉を、いいタイミングで効果的に登場させていました。

 何より感心したのは、あれほどの多様な大人数が出演する「プロの学芸会」を、時間通りに行い切る運行ぶりです。
 中学生やら、ダンサーやら、オーケストラやら、コーラス部隊やら、子どもやら、AKBご一行様やら、大御所歌手やら・・・全く異なる扱い方をしなくてはならない、あれだけの大人数を動かすというのは、本当にすごいこと!
 大体、渋谷公会堂ってそれほど広くない建物だと記憶しています(昔、誰かのライブで行きました)。あの中を、大人数で移動するとなると、動線も相当きっちりと計算しないと大変なことになりそうです。
 外国人に、日本文化の一例として紅白の運行面を見せるといいかも。きっと、あれが生放送だって、信じてもらえないだろうなぁ。
 「2009年の紅白は、日本人の”技”を集結した番組!!」と言っても過言ではないいわ~、とすら思いました。

 視聴率も、40%超えしたんですよね。
 紅白って、せっかくそれだけの人を釘付けにしてるんだから、それなりの経済効果を産み出していないと勿体無い・・・と考えてみたのですが、先ず、NHKだから広告はナシ。
 せいぜい、視聴者にTVから紅白の投票をさせることでNHKにちゃんと受信料を払う人が増えるのと、出場者のCDが売れることくらい・・・しか思いつきませんでした。
 (ちなみに、元旦に近所のCD屋さんに行ったら、スーザン・ボイルといきものがかりのCDが売り切れてました。)

 このように経済効果、という視点だと、あまり拡がりはないかもしれないけれども、「共通の話題づくり」 には大きく貢献してますよね。

 これだけ多様化した日本の社会において、こんなにも大多数の人が同じものを観て、楽しんだり、あーだこーだ批判を言ったりする。
 オリンピックやWBCのように、日本人一丸となって熱狂的に 「がんばれ、ニッポン!」 になるのではなく、ユルくて、ある程度の多様性のある(歌手やNHKに対する悪口や批判も言ったりするわけですから)、でも、同一の時間を共有できているわけです。。

 そういう時間には、「国民の娯楽」的な匂いがあり、紅白がこういう時間を提供してくれて、そして、まだそういうものが日本で廃れていないということに、「なんか、良かったな」、と思ったりもします。
 私はまだ35歳なんで、「ホッとする」 まではいかないんですが。

 ということで、なんだか無性に紅白のことが書きたくなってしまった次第ですが、最後に、個人的に印象が強くて良かったなぁ、というパフォーマンスを書かせてください。

・ いきものがかり: 中学生の合唱とのコラボ。いきものがかりと中学生の想いがあふれてました。鍛錬を繰り返した上で表現される強い想いは、やはり伝わるものですね。
・ スーザン・ボイル: 美しく透き通る声と、めちゃくちゃ悲しい歌詞の "I dreamed a dream" が、絶妙なマッチングでした。
・ 嵐: ”華”がありましたね。今という時代の人気をさらいつつある人たちに特有の”華”でした。

posted by hana at 01:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする