2009年09月29日

自分の軸を持つ

 実は、この数ヶ月というもの、仕事に集中しきれない状態が続いていました。
 なかなかタスクに着手する気になれない、なんとかタスクを開始しても気が散っているので、タスクの完了までにひどく時間がかかる、という具合です。
 
 とにかく非効率なので、自分でもどうにかしたいと思っているものの、結局どうしようもできないでいました。対症療法として、「タスク管理をしっかりしよう」と心がけたりもしてみたのですが、集中力の劇的な回復は得られていない状態です。(ちなみに、タスク管理については、このブログに記事も書きました・・・こちらです)
 
 そこで、対症療法ではなく原因を絶とう!ということで、集中力減退の原因を考えてもみました。
 しかし、「今まで仕事一色だったが、読書、診断士関連の活動、ブログ書きなど、興味と活動の幅が広がった分、仕事へのモチベーションが薄まってしまった」、平たく言うと、「以前より仕事が面白くなくなってしまったから」、というような、あまり嬉しくない、身も蓋もない解に行き着いてしまうのでした。

 そんなときに読み返した本が『成功と幸せのための4つのエネルギー管理術―メンタル・タフネス』という本でした。

 実は、先述のタスク管理に関する記事を書く際に、この本にあった情報を参照したいと思って読み返したのでした。
 とはいえ、そのときは、「間食するならナッツやフルーツにすべき」という、タスク管理や集中力とは直接関係のない情報を確認したかったのですが。

 とにもかくにも、ナッツやフルーツについての記述を読んだ後、その本をぱらぱらとめくっていたら、アンディーという男性についてのエピソードが目に留まりました。
 
 要約すると、こんなエピソードです。
 「アンディーは、これまでほとんどずっと仕事への情熱を感じていたが、あるときから、朝起きて会社に行く気すら起こらなくなってしまった。
 しかし、アンディーの転換点となったのは、自分にとって最も大切なことは何なのかを考える作業だった。彼の大事にしたい基準は、粘り強さ、誠実さ、創造性などだった。
 それ以来、自分の今やっていることは自分の価値基準に合っているか、とアンディーはいつも自問している。こうした価値基準に立ち返るようにすると、「なぜこんなことをしなくてはならないんだ」と思わずにすむようになった。」
 
 このエピソードを読んで、「もしかすると、私の集中力の欠如は、自分にとって何が大切かをきちんと認識していないからではないか」と思い当たりました。

 自分の価値基準を持っていないため、環境が変化すると、”なぜ自分はそれをするのか”を見出せなくなり、仕事への情熱をコントロールできなくなる。仕事への情熱量を一定にキープできない結果、注意散漫に陥ってしまう。
・・・説明がつきます。

 そこで、この本に倣って、私が大切にしたい5つの価値基準を考えてみることにしました。
 考えた結果出てきたのは、家族、成長、静かな自信、明るさ、謙虚さ、の5つの価値基準です。

 この本では、これらの価値基準をベースに更に「ビジョンステートメント」を書くことを薦めています。そこで、本の例を参考にしながら、私のビジョンステートメントを以下のように書いてみました。

 「常に成長していこう。そのために、具体的な目標を設定しチャレンジする環境を作る。チャレンジの過程で困難に直面したときこそ、明るく、謙虚に行動しよう。こうして達成した成長が積み重なって、静かなゆるぎない自信につながることを思い描こう。
 このチャレンジと成長は、家族の存在があってこそ達成できることを心に留め、家族に感謝をしよう。」
 ・・・本の力は偉大です。なんかそれらしいのが書けました。笑

 けど、沸き立つものがイマイチ不足している感じがします。
 自分の拠り所は何なのか、真の「軸」は何なのか。もっともっと自分に問いかけなくてはならなさそうです。
 
 現在、いつも頭の片隅で答えを探している状態です。
 不思議なもので、友人がたまたま薦めてくれた本や、同僚や上司との会話、イヤだなと思って始めた仕事の中・・・など、色々なもののなかにヒントが少しずつ隠れていることに気づきます。

  とはいえ、まだ、確固たる答えは見つかっていません。
  あとちょっと!のような気もするし、まだまだのような気もする。でも、気持ちは少しポジティブになったかな。

ラベル:目標
posted by hana at 02:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社員生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、仕事に精を出しているはまちゃんです。
9月は子供の運動会、家族サービスを充実させたので、ネットはread onlyになっていました。(^^;

tigerさんのお悩みをズバリ解決!という物は持ち合わせていません。
ただ、tigerさんのブログを読んで最近読んだ本の事を思い出しました。

ある弁護士さんが、弁護を引き受けた被告人に面会に行った際、被告人の方に3つの質問をされたそうです。

「あなたの人生の目標は何ですか」
「その目標を選んだのは、なぜですか」
「その目標の為に、今何をしていますか」

私自身、少し先の仕事の目標と、老後の身の振り方は考えていたのですが、「人生の目標」とは一致しない気がします。

逆に、これがあると迷いが少なくなる気がするので、自分の答えを模索中です。
Posted by はまちゃん at 2009年09月30日 13:02
はまちゃん、コメントありがとうございます。
人生の目標と向きあうこと、ですね。
まさしく、そういうことに私も取り組みたいと思っています。

これだ、という目標,価値基準に到達するには、自分ときちんと向き合う必要がありそうですが、「緊急でないが重要なこと」として、意識して答えを探したいと思います。
Posted by hana(tiger) at 2009年10月02日 07:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック