2009年12月31日

家族のカタチ、育児のカタチ

 今年、息子は3歳になりました。憎らしいことも沢山ありますが、とても可愛い存在です。

 我が家は、私が会社員として働いていますが、保育園にも通わせず、夫のP.Uががほとんどの育児をしています。
 こう書くと、よく、一般的な家庭における男女の役割が反転したような育児スタイルだと思われます。

 けれども、私たちは、P.Uは父親としての役割を、私は母親としての役割を、できる限り行おうとしています。

 例えば、平日の私の帰宅は、通勤に2時間かかることもあり、早い日で20:00、遅い日だと22:00以降になります。
 それでも、私が外食していなければ、私が帰宅後に3人揃ってご飯を食べて、それから、私は息子と一緒にお風呂に入ります。息子の就寝時刻は、毎日24:00ごろです。
 平日に息子と接する時間が短い分、週末は、歯磨き、着替え、トイレ、など息子の世話は私がなるべく行います。

 また、P.Uは、非常に厳しい父親です。とはいえ、しかめ面で厳しいわけではなく、普段は、明るく接し、息子の自由を制限せずに好きなことをさせます。悪いことをしたら、きっちり厳しく叱るのです。
 自由を制限しない、とは、小さい頃から、ベビーカーに縛り付けずに自分で歩かせたり、公園でも好きなように遊具で遊ばせたり、というようなことを指します。
 これには、P.Uが絶対に目を離さず、子どもを追い掛け回す必要があるため、相当な集中力と体力が必要です。
 一方、どれくらいきっちり叱るかというと、叩く、怒鳴る、すっ飛ばす(!)、「何で怒られていると思っているのか」と詰問までする、と並々ならぬ叱り方までします。
 しかし、一連の叱りが終わった後は、「かか(注:お母さんの短縮形で私のことです)に抱っこしてもらえ。」と私に抱っこをさせ、母親としての役割を譲ってくれます。

 このような私たちの育児スタイルについて、私の母からは、何度か“小言”を言われました。
 曰く、「毎晩そんなに遅くまで起こしているなんて、かわいそう」、「あんなに叱られては、萎縮してしまう」、等々です。
 
 それを受けて、「こんなこと言われた・・・」とグラグラしている私に、P.Uは何の迷いもなく、「あの子は、そういう家に生まれたんだから、仕方がない。」と言い切りました。

 実は、帰宅したら、ご飯もお風呂も終わって、息子が寝ていてくれたらどんなに楽だろう、土日くらいお休みさせてよ・・・と思ったことは沢山あります。
 しかし、P.Uは決してそれを許しませんでした。この生活スタイルは、P.Uが、半ば強制的に敷いたものなのです。
 職場復帰してからの2年半、「あなたはお母さんなんだから」、とP.Uに何回も叱られながら、この生活スタイルを続けてきました。

 でも、この生活スタイルのおかげで、息子は、日本の一般的な家庭よりも、両方の親と過ごす時間がずっと長いはずです。
 また、ここ最近は、私自身も、帰宅して息子の顔を見ると、仕事のことが一瞬吹っ飛ぶようになってきました。そんなこと、当たり前のことだと思われるかもしれませんが、何につけても自分中心な思考回路で生きてきた私に、このような瞬間が毎日変わらず訪れるということは、本当に大きな変化なのです。

 厳しい叱り方についても、叱るということは本当に大変なこと。あんな叱り方は、深い愛情と強い心がなくては決してできません。息子は、叱られると、大泣きするものの、しばらくするとニコニコ顔に戻ります。自分自身ではなく、自分の行動が叱られたと肌でわかっているからだと思います。

 「あの子は、そういう家に生まれたんだから、仕方がない。」
 そう言い切るP.Uには、「自分たちは、自分たちで決めたスタイルの中で、深い愛情を持って息子をきちんと育てている。」という、強い意志と、自分を信じる心があるのだと思いました。

 だから、私もグラグラしてはいけないのです。
 P.Uに「母にこんなことを言われた」、と泣きつくのではなく、私こそが母に向かって、「あの子は、そういう家に生まれたんだから、仕方がない。」と毅然と言い切らなくてはなりません。

 母親としてダメダメな私を、ここまで導いてくれたP.Uに感謝です。
 まだ道半ばです。我が家らしくて、強いお母さんになれるよう、がんばります。

posted by hana at 02:51| Comment(1) | TrackBack(0) | P.Uの説教部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは(^^)
今日も家でのんびり仕事してます。
PCで仕事をやりながら、みさせてもらいました(^^)
いま、ひざの上に2才の娘がいます。
また、ゆっくり遊びにこさせてください。
それでは。。
Posted by ☆いつかはSLOWLIFE☆ at 2010年03月08日 17:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック