2009年12月31日

家族のカタチ、育児のカタチ

 今年、息子は3歳になりました。憎らしいことも沢山ありますが、とても可愛い存在です。

 我が家は、私が会社員として働いていますが、保育園にも通わせず、夫のP.Uががほとんどの育児をしています。
 こう書くと、よく、一般的な家庭における男女の役割が反転したような育児スタイルだと思われます。

 けれども、私たちは、P.Uは父親としての役割を、私は母親としての役割を、できる限り行おうとしています。

 例えば、平日の私の帰宅は、通勤に2時間かかることもあり、早い日で20:00、遅い日だと22:00以降になります。
 それでも、私が外食していなければ、私が帰宅後に3人揃ってご飯を食べて、それから、私は息子と一緒にお風呂に入ります。息子の就寝時刻は、毎日24:00ごろです。
 平日に息子と接する時間が短い分、週末は、歯磨き、着替え、トイレ、など息子の世話は私がなるべく行います。

 また、P.Uは、非常に厳しい父親です。とはいえ、しかめ面で厳しいわけではなく、普段は、明るく接し、息子の自由を制限せずに好きなことをさせます。悪いことをしたら、きっちり厳しく叱るのです。
 自由を制限しない、とは、小さい頃から、ベビーカーに縛り付けずに自分で歩かせたり、公園でも好きなように遊具で遊ばせたり、というようなことを指します。
 これには、P.Uが絶対に目を離さず、子どもを追い掛け回す必要があるため、相当な集中力と体力が必要です。
 一方、どれくらいきっちり叱るかというと、叩く、怒鳴る、すっ飛ばす(!)、「何で怒られていると思っているのか」と詰問までする、と並々ならぬ叱り方までします。
 しかし、一連の叱りが終わった後は、「かか(注:お母さんの短縮形で私のことです)に抱っこしてもらえ。」と私に抱っこをさせ、母親としての役割を譲ってくれます。

 このような私たちの育児スタイルについて、私の母からは、何度か“小言”を言われました。
 曰く、「毎晩そんなに遅くまで起こしているなんて、かわいそう」、「あんなに叱られては、萎縮してしまう」、等々です。
 
 それを受けて、「こんなこと言われた・・・」とグラグラしている私に、P.Uは何の迷いもなく、「あの子は、そういう家に生まれたんだから、仕方がない。」と言い切りました。

 実は、帰宅したら、ご飯もお風呂も終わって、息子が寝ていてくれたらどんなに楽だろう、土日くらいお休みさせてよ・・・と思ったことは沢山あります。
 しかし、P.Uは決してそれを許しませんでした。この生活スタイルは、P.Uが、半ば強制的に敷いたものなのです。
 職場復帰してからの2年半、「あなたはお母さんなんだから」、とP.Uに何回も叱られながら、この生活スタイルを続けてきました。

 でも、この生活スタイルのおかげで、息子は、日本の一般的な家庭よりも、両方の親と過ごす時間がずっと長いはずです。
 また、ここ最近は、私自身も、帰宅して息子の顔を見ると、仕事のことが一瞬吹っ飛ぶようになってきました。そんなこと、当たり前のことだと思われるかもしれませんが、何につけても自分中心な思考回路で生きてきた私に、このような瞬間が毎日変わらず訪れるということは、本当に大きな変化なのです。

 厳しい叱り方についても、叱るということは本当に大変なこと。あんな叱り方は、深い愛情と強い心がなくては決してできません。息子は、叱られると、大泣きするものの、しばらくするとニコニコ顔に戻ります。自分自身ではなく、自分の行動が叱られたと肌でわかっているからだと思います。

 「あの子は、そういう家に生まれたんだから、仕方がない。」
 そう言い切るP.Uには、「自分たちは、自分たちで決めたスタイルの中で、深い愛情を持って息子をきちんと育てている。」という、強い意志と、自分を信じる心があるのだと思いました。

 だから、私もグラグラしてはいけないのです。
 P.Uに「母にこんなことを言われた」、と泣きつくのではなく、私こそが母に向かって、「あの子は、そういう家に生まれたんだから、仕方がない。」と毅然と言い切らなくてはなりません。

 母親としてダメダメな私を、ここまで導いてくれたP.Uに感謝です。
 まだ道半ばです。我が家らしくて、強いお母さんになれるよう、がんばります。

posted by hana at 02:51| Comment(1) | TrackBack(0) | P.Uの説教部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

料理を見れば仕事の仕方がわかる

 夫のP.Uは、若い頃、ラーメン屋でバイトをしていました。ラーメン屋といっても、最近よく見かけるこだわりのラーメン専門店のような店ではなく、タンメン、角煮ラーメン、味噌ラーメンなどバラエティ豊かなラーメンと、中華のおかず(エビチリや、酢豚など)も出すようなタイプのお店です。

 P.Uは、「人生経験上、このラーメン屋のバイトからの学びが最も多かった」、と言い切ります。
 バイトといっても、店長代理まで務めたため、調理はもちろんのこと、他のバイトさんへの指導・シフトの組み方、材料の仕入れ・仕込みまでを行っていたそうです。なるほど、ラーメン屋には仕事の縮図が詰まっているといえそうです。

 そんなP.Uは、当然料理ができます。
 私なんて、比較にならないくらい上手です。美味しい料理を作るだけでなく、「丁寧な仕事」をします。

 「その人の料理を見ると、仕事の仕方がわかる」、と思うのですが、皆さんどう思われますか? 
 「料理なんてしないから・・・」という方もいらっしゃると思うのですが、慣れ・不慣れといった技量は関係なく、「料理への取り組み方を見ると、仕事への取り組み方がわかる」、というような意味あいです。

 例えば、セキララに公開してしまいますが、私の場合。

 私は、料理の複数工程を、同時にやろうとする傾向があります。お湯を沸かしている間に、野菜を切る、といったことです。
 そんな簡単なことだったらいいのですが、結構大事な工程でも、「ちょっとくらいならいいかな」と思って、別の工程に手をつけてしまうのです。
 炒めものをしながら、たまった食器をちょっと洗っちゃおう、とか。
 
 P.Uによれば、火を使うときは、絶対に離れてはいけないそうです。
 安全上の理由もありますが、何より、火を使うということは、化学変化を起こしているのだから、適切な処理(かき混ぜるとか、火を弱めるとか)を、適切なタイミングでする必要がある、当然じっと見てないとダメでしょ、いうわけです。
 
 私は料理に関しては素人なので、どの工程がどれだけ難しいか、判断も甘い。それならば、なおさら自分を過信せずに、時間がかかっても、1つ1つの工程をきっちり丁寧にやるべきです。けれども、できもしないのに、マルチタスクを目指して気が散っているんですね。

 結果として、私の料理は、ムラがあるとか、どうやっても完璧にならないとか、言われております。
 更には、初めて作る料理など、レシピを見ながら作る場合はうまくできるケースが多い。逆に、何回か作ったことのある料理など、レシピを見ずに作る場合は、失敗が多い、などとも言われます。(すごい観察力だと思うんですけど・・・)
 
 それでは、私の仕事の仕方に関してはどうかというと、仕事については、料理よりは経験とスキルがあり、アウトプットレベルはそれほどひどくないだろう、という自信はあります。
 でも、質はある程度高くても、完璧か、というと、どの仕事も完璧度合いは90%~95%くらいにとどまっているかもしれません。

 わかりやすい例を挙げるなら、そこそこのスピードで質の良い資料を作成したが、最後の確認を怠り、誤字を見逃してしまう、というようなことでしょうか。
 丁寧に仕事をするということへの意識が欠けているのですね。
 そこそこの質のものを素早くアウトプットできると、このような完璧度合いは、それほど問われなくなる傾向があるのも事実です。それにも、アグラをかいて甘えてしまっている自分がいます。

 実は、料理に関してではないのですが、私はP.Uに、「おまえは、がさつだからなあ」と言われたことがあります。
 言われたときは、かなりカチンと来たのですが、最近は、自分の料理と仕事を振り返って、「がさつ」を謙虚に受け止めてます。
 そして、「過信せずに、できる限り一つずつ丁寧に」を、心がけているのですが、行動パターンとして、かなり染み付いているようで、「またやっちゃった」ということも多いです。
 まあ・・・あせらず取り組みます。

 そんな私に対して、P.Uの料理は、スキルもあるから素早いのは当然のこと、一つ一つがとても丁寧です。材料別の下準備はもちろんするし、火から全く目を離しません。P.Uの中華丼は絶品です。

 皆さんのパートナーさんの料理への取り組み方はどんなスタイルですか?
 きっと仕事の仕方にも通じるものがあると思うんだけどな。

 【補足1】 一言弁解しておきますが、私、食べられない、まずいものを作っているわけではないんですよ!! P.Uは味付けでごまかされるタイプではなく、火の通り、素材の大きさがそろっているか、などを見て、色々申しております。

 【補足2】 女子としては、「がさつ」はイメージがあまりにも悪いので、心の中で「丁寧さが足りない」と言い換えています。

タグ:仕事
posted by hana at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | P.Uの説教部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

日産GT-Rと我が家の関係

 我が家の夢の一つに、「いつか日産GT-Rを買うこと」があります。
 事前に書きますが、私はペーパードライバーですし、クルマファンでもありません。

 GT-R ミニカーGT-Rは、国産最強のスポーツカーと呼ばれています。(写真は我が家のGT-Rのミニカー)
かつては、スカイラインのハイグレードモデルとして、「スカイラインGT-R」というクルマが日産から生産されていましたが、この車種は、排ガス規制の関係で2002年に生産中止となりました。

 しかし、2001年の東京モーターショーで、ゴーンは、"These are three letters known globally: G, T, R"(世界に広く知られた3文字がある、それはG,T,Rだ)と述べ、GT-Rの復活を約束していました。そして、ゴーンは約束を守り、2007年に、スカイラインの名前を外し、全く独立したモデルとして「GT-R」が復活したのです

 この新生GT-R、諸経費を合わせると900万円前後(!)のクルマです。
 私の人生での最も大きな買い物といえば、諸経費込み80万円で購入した中古のティグラというちっちゃいクルマです。900万のクルマなんて気が遠くなってしまいます。

 ところが、P.Uにとっては、GT-Rはただの贅沢品ではない、小学生の頃からの夢でした。
 P.Uが小学生だった当時、友達と「GT-Rというクルマがかっこいいらしいぞ」と日産へカタログをもらいに行ったそうです。(P.Uは日産追浜工場のそばに住んでいました。)
 それまでは、トヨタのセリカあたりがかっこいいクルマであり、P.Uは内心「GT-Rなんて、かっこ悪いよな」と思っていました。ところが、みんなでカタログをもらったその日以来、P.Uとその友達の中では、GT-Rが一番になりました。

 P.U少年が大人になり、初めて買ったクルマはスカイラインR31というモデルでした。その後も彼はR32, R33, R34と歴代のスカイラインを乗り継いだものの、ハイグレードのGT-Rには手が出なかったようです。
 そしてスカイラインGT-Rは市場から姿を消し、2007年に新生GT-Rが誕生しました。

 思い返せば、新生GT-Rが誕生した2007年頃、P.UはGT-Rの会話をしたくてたまらなかったんだと思います。しかし、クルマにほとんど興味がなく、P.UのGT-Rへの想いも理解していなかった私は、いつも上の空で、GT-Rに関する会話にまともに応じていませんでした。結果として、その都度、大ゲンカを繰り返していました。

 また、P.Uは、完全なニコチン中毒で、いくらお願いしてもタバコをやめ(られ)なかったのですが、「タバコをやめたら、GT-Rを買ってもいい」という話を出すと、タバコをやめました。ニコチン中毒の方なら、どれだけGT-RがP.Uにとって大きな存在か、おわかりいただけるかと・・・
 とはいえ、すぐに900万円もするクルマを買えるわけありませんから、今度はこちらが「タバコをやめたのに、いつGTRを買うんだ」と責められるはめになったわけですが。

 家計のことを考えたら、900万円の非実用的なスポーツカーを買うなんて、実現はかなり難しいです。
 P.Uも、タバコをやめたからってすぐにGT-Rを買うことができないことくらい、もちろんわかっていいます。

 けど、彼は、ただただ、私に彼の夢を共有してほしかったんですね。

 それなのに、私は、最初から夢を否定して、きちんとGT-Rに関する会話をすることすらしませんでした。

 クルマを新車で買うなんて、お金の使い方を間違っている。
 お金を使うなら、子どもの教育費にかけたい。
 スポーツカーなんて、エコじゃない。

 私はこういった自分の気持ちから一歩も出ることなく、P.Uの夢を聞いてあげることもしなかったのです。
 
 でも、数々の大ゲンカやタバコの件を通じて、「GT-Rを買うこと」が夫の物欲やワガママなどというものではなく、夢なのだということがわかってきました。
 P.Uの想いの深さに比べたら、私の「お金の使い方が間違っている、教育費に使いたい、エコじゃない」という考えなんて、どこかで誰かが主張していることからひっぱてきた、借り物の薄っぺらな「気持ち」程度のもので、「自分の考え方・主義」というには程遠いものだとということにも気づかされました。

 そして、そもそもは全く興味のないものであっても、夫の夢だというその一点さえあれば、興味を持つべき理由になるはずだ、と思えるようになりました。

 しかし、こんな気持ちになるまで、4年くらいかかりましたけど・・・なはは。
 
 日産ギャラリーやディーラーでGT-Rを見ましたが、無骨な鉄のカタマリ、という印象でした。イタリア車やドイツ車の持つ、美しさ・洗練さ・シャープさとは程遠い。変な顔面だし(笑)
 でも、日本的なオタクっぽさがいいな、とも思いました。キル・ビルに出てきちゃいそうな感じ。世界に誇れそうな、他には類のない存在感でした。

 そんなこんなで、ほんとに買えるかどうかなんて、わかりませんが、GT-Rは我が家の夢です。

タグ:パートナー
posted by hana at 01:15| Comment(42) | TrackBack(0) | P.Uの説教部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする