2009年10月04日

神奈川の美味しいお店:葉むら

 今日ご紹介するのは、葉山の美味しい天ぷら屋さん、「葉むら」さんです。
 葉山、というのは実はかなり語弊があり、正確には、葉山の御用邸を更に南下した、住所としては横須賀市の秋谷というところにあるお店です。電車だと、JRか、京急の逗子駅が最寄で、そこから更にバスに乗って行くことになります。
 決して、地の利のあるお店とは言えませんが、葉むらさんでは、都内に比べるとずっとリーゾナブルなお値段で、四季折々の上品な天ぷらを楽しむことができます。

 私が初めて葉むらさんに伺ったのは、出産前の約3年前でした。
 それから子どもが生まれて、フォーマルよりな外食からはすっかり遠のいていましたが、葉むらさんは嬉しいことに「子どももOK」ということだったので、夫、子どもと、私の両親とで2回目の訪問(お昼の部)となりました。
 
 葉むらさんのお昼のメニューには、お好み天ぷらのほかに、「ミニコース」「ミニコースライト」という、お昼だけのお得なお決まりのコースがあります。二つのコースの差はかきあげがつくかどうかだけで、私たちは、かきあげつきの「ミニコース」をいただきました。

 私たちはテーブル席に着き、頼んだものはお決まりのコースだったわけですが、ちゃんとアツアツの天ぷらが、3回にわけて運ばれました。
 最初の1皿目に載っていたのは、活き巻き海老、キス、大和芋の大葉巻(写真左)。海老の足をカリカリに揚げたものも添えてあります。これが塩で食べると美味しい!
 続く2皿目は秋の味覚満載でした。ホタテ、うにの磯辺揚げ、アスパラガス、銀杏、それに、なんと、松茸の組み合わせです(写真右)。葉むらさんの天ぷらは、魚貝も美味しいですが、野菜が絶品。「野菜って、天ぷらにすると甘くなるんだ」と新発見でした。
てんぷら葉むら1  
 こちらの天ぷらは、良い油を使っているのか、とてもあっさりしています。食べてもあまりもたれません。また、衣もとても薄くて、見た目にも繊細で美しい天ぷらです。
 そんなあっさり天ぷらだからなのか、塩とレモンがよく合います。もちろん、だしとたっぷりの大根おろしも用意されているので、お好みに合わせた食べ方ができます。

 さてさて、最後の1皿はかきあげです。かきあげは、かきあげ丼(写真左)にもできます。また、メニューにはありませんが、母がお願いしたところ、天茶にも対応してくれました(写真右)。かきあげの具は、小海老と貝柱と三つ葉。三つ葉がアクセントとしてよく効いています。
てんぷら葉むら2
 「ミニコース」は、これらの天ぷらのほかに、赤だしと、ご飯、お漬物、抹茶の手作りシャーベットがついて、4,200円。かきあげなしの「ミニコースライト」は3,150円です。
 夜は、コースが5,250円からで、一番高いコースでも、8,400円。都内では、なかなかこのお値段でこの天ぷらはいただけないんじゃないかなぁ、と思います。
 
 また、お昼の「ミニコース」「ミニコースライト」は、いつも品数は一緒ですが、季節により素材の内容は変わってくるとのこと。今は松茸は終わって、そろそろ牡蠣が出てくるようですよ。うーむ。牡蠣も美味しそう。
 
 良いことづくしの葉むらさんですが、3点注意点があります。
 その1.クレジットカードは使えません。
 その2.お店はテーブル席が2つとカウンターが8席だけ。予約は必ずしましょう。
 その3.お給仕をしてくださる方は、「愛想がいい」とは言いがたいので、心の準備を。
 お店は、天ぷらを揚げるご主人と奥様と思われる方、それにお給仕を専門にしてくださる女性の方の3人で切り盛りされているようです。私たちは、カウンターではなかったので、ご主人とはお話はせずに、このお給仕をしてくださる方とのコミュニケーションだけでした。
 我が家としては、やんちゃをする子どもを大目に見てくださっただけで、大変ありがたかったのですが、客観的に見ると、「無愛想・・・だよね??」との結論に達した次第です、ハイ^^

 冒頭にも書いたとおり、電車・バスでは辺鄙なロケーションですが、クルマなら都内からなら東名→保土ヶ谷バイパス→横横と、ほとんど高速でいけちゃうし、ドライブにちょうど良い距離です。お店の前に3台ほどの駐車スペースもあります。

 「ちょっと天ぷら食べに行こうか」って向かう先が葉山の天ぷら屋さんなんて、結構オシャレだと思うんだけどな。おススメです。

【葉むら:所在地、営業時間など】

posted by hana at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 美味しいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

神奈川の美味しいお店:ファニエンテ

 今日は、診断士試験のお話でも、仕事のお話でも、本のお話でもありません。 神奈川県にある美味しいイタリアンレストランのご紹介です。

 今週は、月曜・火曜・水曜と3日間の夏休みをいただいているのですが、旅行をするわけでもなく、家族3人(+にゃんこ1匹)で自宅でゆっくりと過ごしています。
 けれども、昨日のお昼だけは特別で、息子を実家で預かってもらって、夫と二人でランチにでかけました。

 伺ったのは、私の実家からそれほど遠くない、東急田園都市線の鷺沼駅(さぎぬま駅。神奈川県川崎市)の近くにある「Trattoria Fa niente」(トラットリア ファニエンテ)というイタリア料理のお店です。
 とにかく、美味しそうなものが次々と紹介される、meshiさんという方の「めし日記」というブログで紹介されていたお店です。(めし日記さんのファニエンテの紹介記事はこちらです)
 珍しく「鷺沼」だなんて、神奈川の郊外のお店が紹介されていたので、「いつか行ってみたいな」とずっと記憶の片隅にありました。
 
お邪魔してみると、お店は、この5月にカジュアルなトラットリアとしてリニューアルオープンしたばかりでした。前オーナーから、お店を引き継いだ佐藤さんという方がシェフをされており、前オーナーの新しいお店の姉妹店という位置づけのようです。

 ランチのセットメニューは2種類で、サラダとパスタのサラダランチ(1,000円)と前菜・パスタ(2種)・ドルチェ・コーヒーのパスタランチ(1,800円)です。
 ディナーメニューからアラカルトでもオーダーできます。

 お店で人気のアラカルトメニューを伺うと、フォアグラと白レバーのパテ(1,500円)と仔牛のカツレツ(1,800円)とのお答えでしたので、私たちはパスタランチに、その人気のアラカルト2品をプラスしてオーダーしました。

 パスタランチは・・・
・前菜(写真左):お魚のワラサとナス、青梗菜が添えられたジャガイモの冷たいスープと、小さなグリーンサラダ
・パスタ(写真中):キノコのボロネーゼ、トマトと平目 の2種類の手打ちパスタ
・ドルチェ(写真右):イチジクのゼリー寄せと桃のコンポート・グラニテ
という構成でした。
ファニエンテコース

 これに自家製のホカホカのパン(おかわりできます^^)と、コーヒーがつきます。
 どのお料理もそれは丁寧に作られていることがわかり、はっきり言って、1,800円はお安いデス。 私の勤務する、東京の溜池山王・虎ノ門エリアでこれだけ丁寧で美味しいイタリアンをこの値段で出すところはありません。

 こちらはアラカルトのパテ(写真左と中央)とカツレツ(写真右)です。
ファニエンテアラカルト
 パテはスプーンですくって、写真左のカリカリのミニパンにつけ、お好みで塩や胡椒、マンゴージャムをちょこっと載せていただきます。クリーミーで、お酒たっぷりの濃厚なお味。私たちはアルコール抜きでしたが、お酒飲みにはたまらないでしょうね〜、コレ。たっぷりあって、4人くらいでシェアできそうです。
 カツレツは、よくある薄いカツレツじゃない、分厚いカツレツ。とても柔らかくて、中はほんのりピンク色。絶妙に火が通っています♪
 ちなみに、他のアラカルトメニューもほとんど2,000円以下。アラビアータ(パスタ)に至っては、900円です。いいのだろうか・・・もうちょっと高くしてもいいんじゃないかしら、なんていらぬ心配をしました。

 サービスも、素朴で温かく、好感が持てました。
 カツレツは1名分をシェアしたのですが、最初から夫と私のところに別々のお皿でサーブされました。「あら、分けてくださったんですか?」と伺うと、「はい、今日はお客様も少ないので食べやすいようにと思いまして」というお答え。素敵です。
 また、子ども椅子も置いてあり、「お子様も大歓迎です。お子様向けのプレートもご用意できます」とのこと。子持ち家族には、泣ける言葉です。

 30席程度のお店ですが、シェフ一人、ホール一人のお二人で切り盛りしているとのこと。
 シェフの佐藤さんは「お客様に安定して来ていただけるようになるまでは、従業員は増やせないので、とにかくがんばってやっています」とおっしゃってました。
 私たちがお邪魔したときは、他にお客様は一組だけ。混雑時にも同じようなクオリティのお料理とサービスを提供できるかどうかがキーかもしれませんね。

ファニエンテのお二人

 お二人ともに、20代後半か30代前半ではないでしょうか。
 けれども、「親しまれるお店にしたい」という方針をしっかり持ち、お店を軌道に乗せていきたい心意気が感じられました。
 がんばって!
 最後は、お店の外まで二人でお見送りしてくださいました。
 左がシェフの佐藤さん、右がホールを担当されてる方です。イケメンでしょ、二人とも。

 鷺沼なんて行く機会はなかなかないかもしれませんね。
 でも、射程距離?には、IKEA港北店、日産スタジアム、横浜アリーナ、ららぽーと横浜などがあります。
 いずれもクルマでの移動が前提ですが、これらの施設に行く機会があれば、少し足を伸ばして、美味しいイタリアン、いかがですか?

追伸:
神奈川っ子として、このブログで、神奈川県内の美味しいお店を時々ご紹介したいと思います。

posted by hana at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする