2009年11月03日

読書の秋:私の読書方法

 今日はずいぶん冷え込んで、深まる秋を感じる一日でした。二十四節気では、今は霜降 (そうこう)。秋の最後の節気です。11月7日からは、立冬となり、暦の上では冬になります。
 秋も終わろうとしているギリギリのタイミングではありますが、「読書の秋」ということで、今日は私の読書法を書いてみようと思います。

 【 時間を区切った読書 】
 まずは、本の読み方ですが、フォトリーディングで読むこともあれば、普通に読むこともあります。ただし、普通に読む場合でも、ダラダラと読むことはないよう、3日以上にわたって読むことはないようにしています。
 これは、なかなか読み終わらない本というのは、「読み進めてみたが、興味があまり沸かなかった本」の場合がほとんどだからです。
 以前は「読み始めた本は、完全に読み終わらなくてはならない」という義務感のようなものがありましたが、読書を沢山するようになって、このような割り切りができるようになってきました。
 ただし、本の最後のほうに、自分の興味があるトピックがあるかもしれないので、その本を読むこと自体はやめません。「時間がかかっているな」と感じたら、字を追うだけの「流し読み」を開始し、興味をひく一文がたまたま目に入ってきたら、スピードを落として読むようにしています。意外と、自分が興味を持つ箇所では目が留まるものです。

ポストイットつきの読後本 また、読書中に必ずすることが、「ポストイットを貼ること」です。
 「印象に残った箇所」「後からまた読みたい箇所」「用語が定義してある箇所」などなど、とにかく気になったところには、ポストイットを貼っていきます。読後は、左の写真のような感じになります。
 ポストイットではなく、ペンで線を引く、というやり方もありますが、貧乏性が災いしてか、本に書き込みをする気持ちにはなれず、まだその領域に達していません。なはは。

【 ブクログへの登録〜「ダイジェスト読み直し」と写経〜 
 読んだ本は、読書の2-3日後に、「ブクログ」という読書サイトに感想を登録していきます。その際、感想と一緒に、特に印象に残った箇所を、「本書から引用させていただきます」と明記した上で、記載しています。

 実は、このブクログへの登録プロセスの中に、自分にとっては最も重要な読書プロセスが含まれています。それは、ポストイットを貼った箇所だけを読み直す、「ダイジェスト読み直し」プロセスです。
 読書中に貼り付けるポストイットの枚数は、1冊につき平均で10-20枚、多いもので30-40枚程度です。気になる箇所に貼っていったら、ものすごい枚数になりそうなものですが、こんな枚数に大体納まります。
 「ブクログ」に感想を登録する前には、このポストイットを貼った箇所だけを必ず読み直しています。多くても30-40箇所なので、せいぜい15分程度で終わります。
 私の場合は、読後すぐではなく、2-3日経過してから、この「ダイジェスト読み直し」をすることで、その本の内容が自分の中に「落ち着く」ように感じます。読後ちょっとクールダウンしてから、自分の琴線に響いた箇所だけを読み直すと、より自分の中に染み入る、というところでしょうか・・・

 こうして、「ダイジェスト読み直し」をして、その中から、「特に惹かれた」という箇所を5-6箇所選んで、ブクログに引用記載しています。写経ですね。
 引用記載する理由は、文を写経すると、更にその内容が自分の中に入るためと、後で自分で「読書メモ」として読み直すことができるためです。
 当初は、この「特に惹かれた」箇所をエクセルファイルに書き出していましたが、ブクログを使い出すようになって、この形式に落ち着きました。

 【 この読書法のおススメポイント 】
 上記のように、私の読書方法手順は、@時間を区切った読書、A2〜3日後にダイジェスト読み、Bほんの1部だけ写経、というプロセスですが、この読書方法の良い点は、後から本の中の情報を引っ張り出しやすくなることです。
 この読書方法に落ち着いてからは、「どこかでコレに関する情報を見たな・・・ネット?本?テレビ?なんだっけ?うーん思い出せない!! ま、いっか。」、ではなく、「あの本に欲しい情報が書いてあったな」、という程度の記憶はほぼ確実に残ります。
 そこから先は、ブクログの記録を見るか、本のポストイットの箇所だけ見れば、ほぼその情報に行き着くことができます。
 最近は、仕事の資料づくりや、友人との会話において、本からの知識の引用は増えたように思います。以前は、完全に「読みっぱなし」だったのですが、少しは、本に書かれたことを血肉に消化できるようになってきたのかもしれません。

 読書法については、色々な方法が書籍やインターネットで紹介されています。
 私の読書法も、ルーツは、フォトリーディングと本田直之さんの読書法であり、オリジナリティのある読書法、というわけではありません。
 ただ、人真似をするうちに、色々な方法がミックスされ、自分のアレンジが加わり、今日ご紹介した方法に落ち着いています。今後もどんどん、変わるかもしれません。

 みなさんも、自分にぴったりの読書法、見つけてみませんか?

タグ:読書
posted by hana at 21:29| Comment(3) | TrackBack(0) | フォトリーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

料理を見れば仕事の仕方がわかる

 夫のP.Uは、若い頃、ラーメン屋でバイトをしていました。ラーメン屋といっても、最近よく見かけるこだわりのラーメン専門店のような店ではなく、タンメン、角煮ラーメン、味噌ラーメンなどバラエティ豊かなラーメンと、中華のおかず(エビチリや、酢豚など)も出すようなタイプのお店です。

 P.Uは、「人生経験上、このラーメン屋のバイトからの学びが最も多かった」、と言い切ります。
 バイトといっても、店長代理まで務めたため、調理はもちろんのこと、他のバイトさんへの指導・シフトの組み方、材料の仕入れ・仕込みまでを行っていたそうです。なるほど、ラーメン屋には仕事の縮図が詰まっているといえそうです。

 そんなP.Uは、当然料理ができます。
 私なんて、比較にならないくらい上手です。美味しい料理を作るだけでなく、「丁寧な仕事」をします。

 「その人の料理を見ると、仕事の仕方がわかる」、と思うのですが、皆さんどう思われますか? 
 「料理なんてしないから・・・」という方もいらっしゃると思うのですが、慣れ・不慣れといった技量は関係なく、「料理への取り組み方を見ると、仕事への取り組み方がわかる」、というような意味あいです。

 例えば、セキララに公開してしまいますが、私の場合。

 私は、料理の複数工程を、同時にやろうとする傾向があります。お湯を沸かしている間に、野菜を切る、といったことです。
 そんな簡単なことだったらいいのですが、結構大事な工程でも、「ちょっとくらいならいいかな」と思って、別の工程に手をつけてしまうのです。
 炒めものをしながら、たまった食器をちょっと洗っちゃおう、とか。
 
 P.Uによれば、火を使うときは、絶対に離れてはいけないそうです。
 安全上の理由もありますが、何より、火を使うということは、化学変化を起こしているのだから、適切な処理(かき混ぜるとか、火を弱めるとか)を、適切なタイミングでする必要がある、当然じっと見てないとダメでしょ、いうわけです。
 
 私は料理に関しては素人なので、どの工程がどれだけ難しいか、判断も甘い。それならば、なおさら自分を過信せずに、時間がかかっても、1つ1つの工程をきっちり丁寧にやるべきです。けれども、できもしないのに、マルチタスクを目指して気が散っているんですね。

 結果として、私の料理は、ムラがあるとか、どうやっても完璧にならないとか、言われております。
 更には、初めて作る料理など、レシピを見ながら作る場合はうまくできるケースが多い。逆に、何回か作ったことのある料理など、レシピを見ずに作る場合は、失敗が多い、などとも言われます。(すごい観察力だと思うんですけど・・・)
 
 それでは、私の仕事の仕方に関してはどうかというと、仕事については、料理よりは経験とスキルがあり、アウトプットレベルはそれほどひどくないだろう、という自信はあります。
 でも、質はある程度高くても、完璧か、というと、どの仕事も完璧度合いは90%~95%くらいにとどまっているかもしれません。

 わかりやすい例を挙げるなら、そこそこのスピードで質の良い資料を作成したが、最後の確認を怠り、誤字を見逃してしまう、というようなことでしょうか。
 丁寧に仕事をするということへの意識が欠けているのですね。
 そこそこの質のものを素早くアウトプットできると、このような完璧度合いは、それほど問われなくなる傾向があるのも事実です。それにも、アグラをかいて甘えてしまっている自分がいます。

 実は、料理に関してではないのですが、私はP.Uに、「おまえは、がさつだからなあ」と言われたことがあります。
 言われたときは、かなりカチンと来たのですが、最近は、自分の料理と仕事を振り返って、「がさつ」を謙虚に受け止めてます。
 そして、「過信せずに、できる限り一つずつ丁寧に」を、心がけているのですが、行動パターンとして、かなり染み付いているようで、「またやっちゃった」ということも多いです。
 まあ・・・あせらず取り組みます。

 そんな私に対して、P.Uの料理は、スキルもあるから素早いのは当然のこと、一つ一つがとても丁寧です。材料別の下準備はもちろんするし、火から全く目を離しません。P.Uの中華丼は絶品です。

 皆さんのパートナーさんの料理への取り組み方はどんなスタイルですか?
 きっと仕事の仕方にも通じるものがあると思うんだけどな。

 【補足1】 一言弁解しておきますが、私、食べられない、まずいものを作っているわけではないんですよ!! P.Uは味付けでごまかされるタイプではなく、火の通り、素材の大きさがそろっているか、などを見て、色々申しております。

 【補足2】 女子としては、「がさつ」はイメージがあまりにも悪いので、心の中で「丁寧さが足りない」と言い換えています。

タグ:仕事
posted by hana at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | P.Uの説教部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

ジム通い再開。レスミルズプログラムしてます。

 日曜日から、ジム通いを始めました。
 目的は単純に、「体重管理」です。子どもをから産んでから、全く、痩せなくなりました(トホホ)。以前と同じ量を食べていたら、太る一方なんです。夫のP.Uも、進んで、「行って来い」と言うくらいだから、かなり、よろしくない領域に達してしまっています。

 でも、ジム通いは初めてではありません。
 妊娠して4年前に退会してしまっていたけれども、それまでは3年くらいジム通いを続けていました。
 
 当時、ジムで何をしていたかというと、ボディパンプ、ボディコンバット、ボディアタックといったレスミルズというニュージーランドの会社が考案・運営しているスタジオプログラムをしていました。
 世界各地でこのレスミルズのプログラムは実施されていて、日本国内では、コナミスポーツ&ライフという会社がレスミルズプログラムの総代理店となっています。コナミ系のスポーツクラブや、コナミからプログラムを買っているスポーツクラブで、受けることができます。
 
 このレスミルズプログラム、全部で8種類あります。
 でも、8種類のプログラム全てを提供しているジムはほとんどなく、私も受けていたボディパンプ、ボディコンバット、ボディアタック、あたりが、レスミルズプログラムを提供しているジムならどこでもやっている、メジャーなプログラムです。

 ボディパンプはバーベルを使った筋力トレーニングのみのプログラムで、腕・脚・腹筋・背筋・肩・・・とかなり満遍なく筋トレできます。ボディコンバットは、格闘技の動きを取り入れたプログラム。回し蹴りやパンチを繰り出し続けます。ボディアタックは、動きはエアロビとほぼ同じなんですが、短時間に相当心拍数をあげていきます。
 どれも、全て音楽に合わせて行います。

 なぜ、私がこのレスミルズプログラムを3年間続けられていたかというと、何よりも、使われている音楽が楽しくて、かつ、飽きなかったから、でしょうか。
 使われる曲は、フィットネスプログラムなので、やはりユーロビートや、トランス系が多いです。でも、それにとどまらず、ロック系やソウル系が使われることもあって、かなり幅広い。
 しかも、レスミルズプログラムでは、3ヶ月ごとに、全部の曲と振り付けが更新され、「新曲」になります。1プログラム(60分)につき、10曲〜12曲程度が使われているので、3ヶ月ごとに10曲×8種類のプログラム=約80曲の、新しい曲と振り付けに変わります。
 新しい曲が出るのが、結構、楽しみでした。ちなみに、レスミルズのサイトに行くと、今までの曲リストを見ることができます。

 更にもうひとつ、レスミルズプログラムを続けられた理由として、「動き自体があまり難しくないこと」が挙げられます。
 私は、かなりの運動オンチなので、ダンスちっくな複雑な動きは、苦手、というより、ほぼ不可能なんです。
 でも、レスミルズプログラムは、振り付けはシンプルで、かわりに強度が高いのが特徴です。コンバットやアタックでは、とにかく走る、はねる、パンチパンチ、キックしまくり、だし、パンプでは、全身の筋肉をくまなく、これでもかこれでもかと、ネチネチいじめます。
 だから、「振り付けが難しくて、ついていけず不完全燃焼」ということは決してなく、必ず、全身抜け殻のようになって終わります。それはもう、なかなかの達成感であります。

 そんな、抜け殻系プログラムのため、4年ぶりの再開は、楽しみに思いつつも、戦々恐々としながらの参加でした。スタジオに入っても、こそっと後ろの隅っこのほうの位置を確保するのは鉄則です。

 ところが、昨日のプログラムでは、そんなコソコソした私に、インストラクターさん(ちなみに女性)が、プログラム開始前に、歩み寄ってくるではありませんか!!
 何かと思ったら、なんと、「めちゃめちゃお久しぶりですよね!」と挨拶をしにきてくださったのでした。
 
 私は、3年間足しげく通っていましたが、ジムに友人がいたわけでもなく、1人で参加していました。また、インストラクターの方とも、全く話していません。
 だから、4年も前の、ぽつねんとした単独参加者を覚えていてくださったことに、とてもびっくりしたし、素直に嬉しくなりました。

 私:「よく覚えていらっしゃいますね・・・びっくりです」
 インストラクターさん:「だって、すごく楽しそうでしたから!(ニコッ)」

 ・・・ワタシ、何かが相当「変」だったのかもしれない・・・?
 あまりにも楽しすぎたのかな・・・ノリノリ トゥー マッチ??
 
 一瞬、満面笑み+ノリノリでバーベルなんて上げちゃってる自分が目に浮かんだけど、「4年以上前のことだから・・・いっか!!」と思ってしまうのは、やっぱりいい年エリアに入ってきた証拠かもしれません。

posted by hana at 01:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする